カジュアルパーク

yez8we.exblog.jp
ブログトップ

<秋葉原無差別殺傷>弁護側、被告の責任能力争う方針(毎日新聞)

 08年6月に7人が死亡、10人が負傷した東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の公判前整理手続きが8日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で終わり、責任能力が争点になることが確認された。今月28日の初公判で、弁護側は「心神喪失か耗弱の状態だった疑いがある」と主張する。

 弁護側が被害者や目撃者の調書の証拠採用を拒んだため、42人が証人として出廷することになり、8月4日まで初公判を含め計22回の公判が指定された。9月に結審の見通し。裁判員制度が始まる前の事件で同裁判の対象ではないが、公判前整理手続きを実施した裁判では異例の長さ。

 これまでの手続きで弁護側は事実関係は争わない方針を示した。しかし、事件当時に精神疾患はなかったとする捜査段階の精神鑑定について証拠採用に同意せず「何らかの精神障害があった疑いがあり、完全責任能力には疑問がある」と主張。検察側申請で鑑定医の証人尋問が決まった。

 また弁護側は、ナイフで負傷させたとされる被害者のうち1人について殺意を否認。取り押さえようとした警察官を刺したとされる公務執行妨害罪についても「警察官の公務との認識はなかった」として罪の成立を争う。

 8日の手続きには加藤被告も出席。検察側申請の被害者、目撃者ら36人、弁護側が申請した被告の家族ら6人の証人尋問を行うことが決まり、負傷者は10人全員が証人として出廷する。【安高晋】

【関連ニュース】
秋葉原殺傷事件:初公判は1月28日
土浦通り魔殺人:金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む
東京・秋葉原殺傷:初公判は来月28日
茨城・土浦の9人殺傷:あす判決 責任能力、どう判断 弁護側「心神耗弱」主張
2008年空から見た日本 事件・事故・災害

田舎で働く保育士の日記
w3nv8iy0のブログ
こういちのブログ
d0osw6hgのブログ
こう見えても、カウンセラーなんです。
[PR]
by b2npxilbod | 2010-01-14 23:41